マム倶楽部
.
メルマガ
メルマガ「マム☆レター」
配信申込み・停止
バックナンバー

よくある質問と問合せ先
会員規約
特定商取引法に基づく表示

個人情報保護方針
会社案内

バックナンバー
2018.1.10 vol.513

今日もご一緒に、マム☆レターのひとときを


「今年もよろしくお願いします」―――by藤島☆結@ナビゲーター


  〈1〉新年のご挨拶〜年越しの風景に寄せて〜

みなさん、お変わりありませんか?
いよいよ2018年の始まりです。

年越しは、どのような想いでお過ごしだったでしょうか。
旧年中、思うようにいかなかったことはキレイにリセットし、
逆に良い流れが来ていた事柄は、更に大きな実りへ広げていく、
そんな年にしたいものですね!

私個人は、ここ20年を振り返ると、一番心穏やかな年越しでした。
新しい土地とマイホームに落ち着き、
仕事や家計、学校や人間関係など、この先の人生図が想定しやすくなったことで、
「やりたいこと」と「やらなければならないこと」がハッキリしました。

国内海外と広く目を向ければ、激動のニュースが引きも切らず、
とても穏やかだなんて言ってられないとは思うのですが、
まずはいったん、身の回りが落ち着いていることに、心から感謝です。
貴重なこのタイミングで、家族の絆を深め、もっと包容力のある母親になりたいな^^


ではここで、年末号で募集した、
読者の「年越し風景」をご紹介しましょう♪


『祖父母宅の年越し』

小学生の頃は毎年帰省し、小さな漁村の祖父母宅で年越しをしていました。

眠い目をこすりながら、海沿いの小道と石段を登って、除夜の鐘をつき、
翌日は親戚中が集まり、昼間っから賑やかな宴会。
お年玉もたくさん集まりました。

最近は自宅で日常と変わらぬ景色の中、静かな年越し…
私の子供たちにも、田舎のあの景色を体験させてあげたかったです。

From ぐりんぐりさん

多少の違いはあれど、数十年前のお正月はみなさん、
こんな様子だったのではないでしょうか。
郷愁に誘われました。
数十年先の未来へも、保存できるでしょうか・・・

『台湾のお正月』

日本の正月の話ではないのですが、台湾では例年旧正月に
爆竹や偽物のお金を束で燃やしたりする派手な習慣があります。

ですが、ここ近年、PM2.5の影響で、
爆竹は音を録音しておいて、録音したものをならすだけ、
偽物のお金を燃やすのは1枚だけ、お寺での線香も1本だけとか、
かなり規制が厳しくなっているみたいです。

それを聞くと、環境的には仕方ないとは思うものの、
派手なお正月のイメージがないのも寂しいものです。

環境が良くなって、以前のような旧正月に戻ってほしいものです。

From たくくんさん

1枚だけお札を燃やす光景はなんだか侘(わび)しい・・・^^;
国外ではお祭りのように派手な年越しをするところもあると聞いていましたが、
台湾ではそんな事態に陥っていたのですね(涙)
情報ありがとうございます。キレイな空気を取り戻しましょう!

年末年始のご多忙中、ご投稿くださり、本当にありがとうございました♪

★☆★お便りコーナーはこちら★☆★




  〈2〉ミニミニコーナー[戌年あれこれ]

・・・「いぬ」年とは言いますが、
この漢字にはもともと、「犬」という動物の意味はありません。

漢字に含まれる「ほこ」の意味から、
作物を刃物で刈り取ってまとめた収穫後の段階を表したり、
「滅びる」の意味から、草木が枯れて種を守る時期を表す、などと言われています。

これに身近な動物を当てた十二支では、「犬」となりました。
犬はお産が軽くたくさんの赤ちゃんを産むことから、
安産祈願には「戌の日」が良いとされていますね。
奈良県奈良市の「帯解寺」は、安産・子授けの信仰が篤いお寺で、
私が長女を妊娠している時も、お義母さんがここで祈祷をした腹帯を用意してくれました。
表情が可愛い手作りの「犬の土鈴」が人気グッズだそうですよ。

愛知県名古屋市には、その名も「伊奴(いぬ)神社」という今年注目のスポットが。
「いぬみくじ」、「いぬ御守り」や、犬のハンコが押される御朱印など
縁起のいい犬グッズだらけの神社なんです。
愛犬用の御守りもあるそうですが、境内で犬の散歩はできませんのでご注意を!

入手した犬の縁起物ですが、玄関に飾るのはNGという説も。
干支の置物を玄関に飾っているのはよく見かけますが、
犬に限っては、外を駆け回る動物なので、
良い運が入ってきても玄関からすぐに出て行ってしまう、という考えがあるのだとか・・・
それを言うなら、他の干支にも似たような習性の動物はいそうですが^^;

人の生活にずっと寄り添ってきた犬ですから、
犬をテーマにした作品はいろいろありますね。
私が最初に思い浮かんだのは「南総里見八犬伝」。
とんでもない大長編なので、戌年のうちに読破するのはとても無理!!だと思いますが、
児童書や漫画、映画など、短くまとめられた作品でも十分に魅力が感じられます。

戌年は、昨年の「商売繁盛・成熟・収穫」の酉(トリ)年と、
十二支のラストスパートで猛進する亥(イノシシ)年の間に位置し、
「守り・蓄え・準備・救済」・・・などと捉えられるようです。
なんだか家計簿のイメージにピッタリ!と思ったのは、私だけでしょうか^^


  〈3〉募集@投票ひろば「お正月のお餅は…」

実家で頂くお雑煮は、いつもながら最高でした〜!!
つきたてのお餅は柔らかくよく伸びて、出汁の効いた白みそのお汁と絡み合い、
何杯でもペロリと平らげてしまうんですよねっ

私は食い気ばかりですが、
お正月にお餅を食べるのは、きちんと理由がある伝統行事。
次のような、いろいろな由来や意味が込められています。
 ☆平安時代からの正月行事「歯固めの儀(はがためのぎ)」に用いられたから
 ☆「ハレの日」に食べる特別な食事の一つだったから
 ☆年神様へのお供え物を頂くことで一年の息災を祈る儀式となるから
 (→「鏡餅」は「三種の神器」の1つとして年神様にお供えされる)
 ☆長く伸びるので「長寿」、「名を持ち(餅)上げる」、などのゲン担ぎ

・・・美味しい上に、大変ありがたい食べ物なんですね!
今年最初の投票ひろばは、そんな正月のお餅についてお聞きしたいと思います♪


〜〜投票ひろば☆アンケート〜〜

「お正月のお餅は…」

今年のお正月、お餅はどのように準備しましたか?
コメント欄には、購入した先や、お餅の使い方(食べ方、飾り方)、余ったお餅の保存方法や調理方法など、ご自由にお書きくださいね。

1.購入します
2.機械で作っています
3.臼と杵でつきます
4.お餅は使いません
5.その他

◇投票はこちらからお願いします♪


餅のように粘り強く、次のコーナーへ続きますっ


  〈4〉無病息災の祈りが世界へ広がりますように!

昨年のクリスマスプレゼントに、
おばあちゃんサンタから新しい自転車をもらった小3の娘。

お正月は、新しい年の訪れを体感すべく、海辺のサイクリングへ!


こちらは太平洋の初日の出です。

この冬は、家族全員、風邪一つひかず、元気に過ごしています。
なんやかんや願い事はあるけれど、
年を取るにつれて、何より貴重なのはやっぱり健康だな、と感じるようになりました。
中でも小さな子どもたちからは、できる限りの災難を遠ざけてあげたいものです。

大きな海を見ていると、自分のことだけじゃなく、
世界の人たちと祈りが繋がっているような気がしてきます。
また元の微力なフツーの生活に戻るのですが、
この一瞬にはきっと意味がある・・・あってほしいな・・・と思いながら帰宅しました。



それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪
次号は1月23日(火)発行です。またお会いしましょう☆(*´∇`)ノ〜。.:*:・'°




てきぱき家計簿マム9

本メールは、「マム倶楽部☆ニュースレター」の配信をご希望いただいた方にお送りしています。

バックナンバーは こちら
「マム倶楽部☆ニュースレター」の配信先変更、配信停止をご希望の方は こちら
本メールに掲載の会社名・商品名・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
本メールは、2018年1月10日時点の情報です。


本メールは、送信専用アドレスにて送信しております。
お問い合わせの際は、以下をご利用ください。

「てきぱき家計簿マム」シリーズなどパッケージソフトに関するお問合せ先
  → http://www.softnet.co.jp/support/

マム倶楽部・マム☆レターに関するお問合せ・連絡先
  → http://www.mom-c.com/index.asp?mode=toiawase.html

マム倶楽部
発信元 サンテク(株)・テクニカルソフト(株)

このページのトップへ このページのトップへ


Copyright(C)2001-, SANTEC Corp. All Rights Reserved.