マム倶楽部
.
メルマガ
メルマガ「マム☆レター」
配信申込み・停止
バックナンバー

よくある質問と問合せ先
会員規約
特定商取引法に基づく表示

個人情報保護方針
会社案内

バックナンバー
2019.3.12 vol.542

お立ち寄りくださり、ありがとうございます!

  藤島☆結@ナビゲーターが、張り切ってお届けします・*:.。. ☆☆.。.:*・゜



てきぱき家計簿マム9

  〈1〉募集@投票ひろば「整骨・整体・鍼灸院の利用について」

いきなりですが、みなさんは整骨院整体院を利用していますか?
体のどこにも痛いところがない、若い頃には分かりませんでしたが、
慢性的なコリや長引く痛みを感じ始めると、
整骨(整体)を受ければ良くなるのかなあと、興味を抱くようになるものですね。

娘が小学1年生の時、「シーバー病」といって、
踵(かかと)の骨にヒビが入り痛んで歩けない状態になったことがあります。
整形外科では湿布が出され、
しばらく歩かず安静にするようにとの指示を受けました。

その後、早く元気にしてやりたいと思い、整骨院にも相談したんです。
「ふくらはぎの筋肉が硬いと、踵の辺りを引っ張ってしまう」とのアドバイスは
なるほど原因の一つとして分かりやすいと思いました。
そして筋肉を弛めるマッサージを受け、そのやり方も教えてもらいました。

以来、骨や筋肉の問題については、病院と共に、
整骨・整体もうまく利用すると効果的なのかなあと思っています。

先日は、テレビで鍼灸の効果を科学的に解明する、というコーナーを見かけました。
「筋膜」という言葉はお聞きになったことがあるでしょうか。
筋肉のまとまりを包んでいる薄い皮なのですが、
これに柔軟性がなくなるとコリや痛みの原因になるらしいです。
超音波で鍼を施術している様子を確認すると、
固くなった筋膜にダイレクトに鍼が刺激を与えている場面が映し出され、
これが回復力を高めているのではないかと推測されていました。

そこで今回の投票ひろばでは、みなさんが整骨・整体・鍼灸院を
どのように利用されているのかをお尋ねしたいと思います。

〜〜投票ひろば☆アンケート〜〜

「整骨・整体・鍼灸院の利用について」

整骨や整体、鍼灸院を利用していますか? コメント欄には具体的にどのような施術を受けたのか、どのような効果を感じたか、などをお書きくださいね。

1.現在、利用している
2.過去に利用したことがある
3.利用したことがない

◇投票はこちらからお願いします♪





 [PR]FavoriteStyle
FavoriteStyle

  〈2〉なるほど!マネー調査団  「退職後のお金事情」

働き盛りのみなさん、忙しい年度末のお仕事、お疲れさまです。
毎日大変ですが、退職したらあれをしよう、これをしよう、
と夢を膨らませている方もいらっしゃることでしょう。

しかし、退職後、それまでとは異なる出費があることは、ご存知でしょうか?
それも「意外に多い」らしいんです・・・
一体、どんなお金が必要だというのか。それが今回のテーマです。

我が家の場合は、繰り上げ返済しない限り、
退職後も住宅ローンの支払いが残ります。
おまけに、額面年収が700万円の方なら、
15年前に比べて手取り額が50万円も減っているという現実も!(T_T)

退職後、お金が足りなくなり、ゆっくり骨休めどころじゃない!
・・・なんてことにならないように、
知識を得てしっかり備えておきましょう。


(▲外部サイトへリンクします)


  〈3〉懐かしい♪ 初期のパソコン事情と今

読者のみなさんの中には、
パソコンの出始めの頃から長〜い付き合いをされている方が多いようです。
懐かしい初期のパソコン事情には「そうだったそうだった!」と頷いてしまいますよ〜♪
そんなお便りの一部を紹介します。


『私とパソコン』

卒研でコンピューターに接しましたので、もうあれから45年になります。
当時は漢字が打てませんでした。
学校に漢字の打てるパソコンが設置されたとき、熱中しました。

教育センターでは因数分解のCAIを作成しました。
そのとき腱鞘炎になりました。

パソコンが発売されたときから、購入し続けています。
今は、ウィンドウズ10を使っています。
ホームページを作ってアップロードしたのは、インターネットが始まってすぐでした。

この頃は、ワード、エクセル、一太郎、ウインドウズ、ホームページビルダーの
新しい電子書籍を購入して、技術の復習をしているところです。
毎日、数時間はパソコンに向かっています。

From gohokumaさん

漢字が打てるようになった進化の瞬間に立ち合ったとは、すごい!
熱中するお気持ちが分かります。
(私も、字が打てるってだけで感動したのを思い出しました。)
が、みなさんも腱鞘炎にはご注意を・・・

『連日無我夢中』

今から15年ほど前のこと。
初めて本気でパソコンと向き合わなければならない事情になりました。
それまではワープロでポチポチと打つ程度だったのですが、
急に事務局を引き受けていた方が退職しお鉢が回ってきました。

悪戦苦闘の日々。もはや出社拒否症候群となりました。
その時助けてくれたのが自分の息子のような年頃の上司の課長さんでした。

何度でも繰り返し私が理解できるまで、
退勤時間を過ぎても熱心に教えてくれました。
どうにか一人前(本当は今でも自立できていませんが・・・)
になれるまで1年ほどかかりました。

お陰で現在は海外旅行をするごとに旅行記を
写真や地図・一覧表などを駆使し作成しています。
とても楽しい思い出を作ることができ最高です!

From 赤い実のなる木さん

敵(のよう)だったパソコンが、今では素敵なパートナーに♪
大切な旅行記、バックアップをお忘れなく^^

『はじめてのパソコン』

1999年の夏、我が家にパソコンがやってきました。
お勤めしてた頃にちょっとは触れてはいましたが、
はじめはソリティアなどゲームばかりしていました。

当時はインターネットにつなげるのは電話回線でしたので、
1回の使用は30分以内などルールを決めてました。

初クレジットカード不正使用被害も、
インターネットで買い物をしたのがきっかけでした・・・
カード会社から「相手のミスがあり被害はありません」と連絡がありましたが、
カードの切り替えをする必要がありました。

From EHさん

私の初パソコンと時期が近いかもしれません。
ソリティアにハマることとか、電話回線とか、本当に懐かしいっ
電話回線が繋がるまでの、あの妙ちくりんな音は頭にこびりついて離れません(笑)

他にも、ウィンドウズの旧バージョンや、昔のパソコンのメモリ数、
フロッピーをはじめとする懐かしの周辺機器、
などに触れてくださったお便りが届いています。
使い方も、趣味の利用から仕事での活用まで、
それぞれの「パソコンライフ」が垣間見え、参考になること間違いなし♪

ぜひ、お便りコーナーへお立ち寄りくださいね\(^o^)/

★☆★お便りコーナーはこちら★☆★



  〈4〉読者の家計簿マム利用術

お便りコーナーに、
家計簿マム2から使い続けてくださっている
すずらん さんからの投稿を頂戴しましたので、最後にご紹介します。


費目は使う費目のみ入れてます。
予算はたてず現金は合わせてます。
カード引き落としも計上してます。
月に1回カード利用明細と合わせて漏れがないようにチエック。

一番便利なのは冠婚葬祭、年度をクリックすると5年前のもすぐ分かります。
カレンダー、日記も併用。
時々孫の写真を挿入してます。

★費目
細かな費目ごとにチェックしたい方もいれば、
大まかにお金の流れを把握したい方もいますね。

費目は[環境設定]の[費目]タブで編集できます。
費目名の変更のほか、費目の追加、削除、並べ替えが可能です。

★予算
まだ予算機能を使われたことのない方は、過去月の数字をコピーして
かんたんに予算を設定することができます。

[予算]画面の月タイトル部(例えば[3月予算]セル)をダブルクリックすると、
[予算コピー]の画面が表示されます。
お好きな過去の月の[予算][実績][月平均]から選んで、
3月の予算枠にコピーして設定できますよ。


すずらんさんの活用術で、私が一番注目したのは、
「お孫さんの写真を挿入」しているところです^^
大切な存在の写真が入っているとなれば、
自然と、家計簿マムも毎日開きたくなりそうですね♪


みなさん、たくさんのお便り、ありがとうございました!



それでは、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました♪
次号は3月26日(火)発行です。またお越しください☆(*´∇`)ノ〜。.:*:・'°




本メールは、「マム倶楽部☆ニュースレター」の配信をご希望いただいた方にお送りしています。

バックナンバーは こちら
「マム倶楽部☆ニュースレター」の配信先変更、配信停止をご希望の方は こちら
本メールに掲載の会社名・商品名・サービス名は、各社の商標または登録商標です。
本メールは、2019年3月12日時点の情報です。


本メールは、送信専用アドレスにて送信しております。
お問い合わせの際は、以下をご利用ください。

「てきぱき家計簿マム」シリーズなどパッケージソフトに関するお問合せ先
  → https://www.mom-c.com/supports/

マム倶楽部・マム☆レターに関するお問合せ・連絡先
  → http://www.mom-c.com/index.asp?mode=toiawase.html

マム倶楽部
発信元 サンテク(株)

このページのトップへ このページのトップへ


Copyright(C)2001-, SANTEC Corp. All Rights Reserved.